最近のトラックバック

  • 音程 (音楽を奏でる(理論編))
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2009年3月 1日 (日)

「こうもり」とホルンコンチェルトのボウイング

大度室内楽団の皆様、こんにちは。

「こうもり」とホルンコンチェルトのボウイングをUPしますので、

各自ご確認をおねがいいたします。

「koumori1.jpg」をダウンロード 

「koumori2.jpg」をダウンロード

「koumori3.jpg」をダウンロード

「koumori4.jpg」をダウンロード

「weber-1.jpg」をダウンロード

「weber-2.jpg」をダウンロード

「weber-3.jpg」をダウンロード

「weber-4.jpg」をダウンロード

2007年4月 1日 (日)

[ボウイング]ブラ1(最新版4/1現在)

こんにちは、みねさんです。

ブラ1のボウイングを一部変更しましたので、アップロードします。

大変お手数ですが、各自ご確認をお願いいたします。

<1stVn用>

 ブラ1-1stVn-1楽章 をダウンロード

 ブラ1-1stVn-2楽章 をダウンロード

 ブラ1-1stVn-3楽章 をダウンロード

 ブラ1-1stVn-4楽章 をダウンロード

<2ndVn用>

 ブラ1-2ndVn-1楽章 をダウンロード

 ブラ1-2ndVn-2楽章 をダウンロード

 ブラ1-2ndVn-3楽章 をダウンロード

 ブラ1-2ndVn-4楽章 をダウンロード

2007年3月 2日 (金)

[指]ブラ1-1mov.#1-7(Vn1)

こんばんは。

ブラ1・第1楽章(Vn1)の冒頭のフィンガリングをUPしました。

まだ指を決めていない人は是非参考にされてください。

クリッククリック♪⇒Bra1vn1_1_no1_7

2007年2月25日 (日)

[ボウイング] ブラ1

皆さん、こんにちは。

およそ半年振りの更新になりますが、いかがお過ごしですか?

さて、ブラ1のボウイングを決めましたので、アップします。

各自ダウンロードして移しておいてください。(重いです)

ダウンロードできない方は私までご連絡下さい。

・1stVnの1楽章「BrahmsVn1-1mov.pdf」をダウンロード

・同、2楽章「BrahmsVn1-2mov.pdf」をダウンロード

・同、3楽章「BrahmsVn1-3mov.pdf」をダウンロード

・同、4楽章「BrahmsVn1-4mov.pdf」をダウンロード

・2ndVnの1楽章、2楽章「BrahmsVn2-1mov-2mov.pdf」をダウンロード

2006年10月22日 (日)

Thank You to 2nd'ers !!

~2ndVnの皆様へ~

今日は50周年記念演奏会でした。完成度は別として、本当に良い、50周年に相応しい良い演奏が出来たと思います。

3月から練習を開始して半年以上、本当にいろんなことがあったけど、曲が難しすぎて途方に暮れた苦しい時期もあったけど、本当に皆いっぱい練習してくれて、いっぱい参加してくれたおかげだと思います。

社会人のオケということで、全てを練習に捧げる学生とは違い、こんなに要求して皆ついてきてくれるのか、最初は心配でしたが、Kさんをはじめ、フィルの皆も含めて、本当によくついてきてくれたというか、「良い演奏がしたい」という気持ちでパートの皆が一つになれた気がします。

本当に感謝です。有難う。

来年からはコンマスとして、弦全体、オケ全体のことを、今まで以上に考えないといけませんが、今後ともどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

2006年8月 9日 (水)

マラ2小節番号一覧表

マーラーの小節番号表を作成しました。

現時点で多くの人は、おそらく練習番号の部分に小節番号を書いていると思います。

しかし、これだけでは例えば「はい!(1楽章の)414小節から!」と田代先生が棒を構えたときに、「えぇ~っと、練習番号25番が404小節目だから、404、5、6…11、12、13、14」と、探すのに時間がかかってしまい、先生のスピードについていけません。

そこで、「はい!354から!」と言われたら瞬時に探して演奏が開始できるように、各行の頭に小節番号を振りましょう!

2ndVnパートについてはリストを作りましたので、次の練習時までに各自写しておいてください。

クリッククリック⇒マラ2小節番号一覧表をダウンロード

2006年7月17日 (月)

ナブッコ2ndVnフィンガリング

皆さんご無沙汰しております。

今回はアンコール、もとい、前プロ曲“ナブッコ”のフィンガリングを紹介します。

この曲、2ndVnの譜面を見ると、16分音符の6連譜が延々と続くので(全51小節中33小節も!)、うんざりして譜読みする気を失いかけます。

しかし、よく譜読みをしてみると、この6連譜の音型パターンはたったの14種類しかないんですよね~♪ つまり、この14パターンのフィンガリングさえ練習しておけば、すぐに弾けるようになってしまうんです。

そこで今日は、この14パターンのフィンガリングを紹介します。是非参考にして、次回の合奏の時には「2ndVnだけやたら音程が揃っているな~(*o*)」と、他の皆さんをビックリさせてあげましょう!!(笑)

今すぐクリック!!

   ↓↓

ナブッコのフィンガリングをダウンロード 

2006年5月28日 (日)

レッスン曲進捗状況①

ローデ1番

とりあえず譜読みは終了したので、音楽的な練習に。前半のカンタービレの部分がなにげに難しい。とくに5小節目~7小節目の、1つのスラーの中で連続トリルやらポジション移動やらをスムーズにするのが…。あと、最後のsul-Gの部分も、音程をパキパキ当てながらしっかり響かせるのが難しい。

後半のマルテレ部分は、とりあえずはひたすらメトロノームに合わせながら、音程とリズムって感じかな。ひとつ言い訳をさせて頂くと、最近弓の毛がかなり限界に来てて、こういう飛ばし系の奏法はやりにくい。早く弓の毛を張り替えなければ…。

ローデ2番

1番の譜読みがとりあえずひと段落ついたので、平行して2番の譜読みを開始しました。A-mollで、インテンポで弾けるとかなりカッコイイ! 弾けるようになったら、ちょっと人前で弾くときに良いかも(時間も1分半程度なので、クラシックを知らない人が聴いても楽しめそう)。とりあえず倍のゆっくりなテンポで譜読み譜読み…。

サンサーンス3楽章

とりあえず細かいところから優先的に譜読み。インテンポになると指が回らなくなる恐れが…。アレグロノントロッポに入ってからアパッショナートに入る前までの、一連のテーマを弾ききるまで左手が持たない(つりそう…ToT)。地道にメトロノーム作戦で徐々にスピードアップしていくしかないかな~。

しかしこの曲、左手以上に、右手がかなり難しいことが判明。さっきのアレグロのところなんか、グリュミオーみたいに軽やかに弾きたいんだけど、どうしてもモタモタしてしまう…。

2006年5月20日 (土)

マラ2_1mov.1頁

かなり久しぶりです。なぜ更新をさぼっていたかというと、そもそも一音一音フィンガリングを書いていくことが有意義なことなのか?という疑問に、私自身悩んでいました。というか、ぶっちゃけナンセンスだなと思っていました。

そこで、ちょっと方法を変えて、パート練習で言いそうなことや、合奏のときに言いたくても時間的に言えないことを中心に紹介していくことにします。

--

というわけで、今回はマラ2の1楽章・1ページ目です。

↓↓右クリック~「新しいウィンドウで開く」

「mahler2vn2_1_1.xls」をダウンロード

[32小節目]~アクセントの処理~

28小節目からずっとテヌートで弾いてますが、32小節目の2拍目・4拍目だけアクセントがついています。ここはテヌートとの違いを明確にするためにも、アクセントをしっかりつけましょう! 弓のスピードが重要になりますが、弾き始めの最初の一瞬で弓の根本から半分まで使って(目に見えないくらいの速さになると思います)、音の後半は軽く抜くようなイメージです。ちなみに、慣れないうちは音が潰れてしまったりすると思いますが、練習していくうちに潰れなくなるので、気にしないで下さい。

[練習番号3]~ディナーミクしっかり~

ここはpppなので、基本的には自分で聴こえるか聴こえないかくらいの音量で弾きますが、50小節目からの“<>”は「ちょっとやり過ぎ?」というくらい思い切り変化を付けて下さい。自分では十分に変化を付けているつもりでも、第3者が聴くとあまり変化無く聴こえたりするので、自分でやり過ぎと思うくらいでちょうど良いと思います。

[練習番号5]~ppppppの違い出す~

冒頭の10小節目~も同様ですが、というかこの曲全体を通して注意していただきたいのですが、p、pp、ppp、ppppで音量の違いを強く意識して下さい。イメージとしては…

p=あまり小さくなり過ぎない。小さい中でも響きを大切に。

pp=小さく。響きもまだ少し残っている。オケで弾いていると自分の音が聞こえるか聞こえないかというレベル。

ppp=マジで小さく。オケで弾いていると自分の音は聞こえないはずです。耳ではなく楽器や弓から伝わってくる振動で、かろうじて音が出ていることを感じるレベル。

pppp=pppよりもさらに小さく。もはや弾いているかどうかも分からないくらい。

です。pp以上で自分の弾いている音が聞こえる人は、音が大き過ぎないかどうか気をつけて下さい。

レッスン曲決定!!

去年、東京に行って主だった曲の楽譜を買い漁ってからというもの、いろんな曲のオイシイ部分を虫食い的にさらったり(遊んでただけ?)してて、自分でも「こんなんじゃ、結局人前で弾けるようなレパートリーが増えないよね~」と思ってました。

そんな状況を打破すべく! 今度レッスンで色々と見てもらうことになりました♪ レッスンは一昨年の2月頃にクライスラーのプレリュードとアレグロ(通称:ミシミシ)を見てもらって以来だから、2年以上ぶりかな。

曲の候補として、①モーツァルトのコンチェルト3番、②ブルッフのコンチェルト、③サンサーンスのコンチェルトが挙がったのですが、①モーツァルトは僕の中では“アマチュアが人前で弾いてはいけない作曲家No.1”だし、もっと技術が身について楽に弾けるようになってから見てもらいたいので、とりあえずまた今度。②ブルッフは譜読みが終了してて少しずつ飽きてきてるので却下。

で、採用になったのが③サンサーンス! 曲もカッコいいし、譜読みもこれからだし、難易度的にもレッスンまでに一生懸命さらってなんとか弾けるかなぁ~という絶妙ラインなので、ちょうどいいかなと…。先生と相談して、とりあえず一番カッコいい3楽章から(笑)取り掛かることになりました。

あとはエチュードとして、ローデの24のカプリスを見てもらうことに。いちおう演奏会でも弾けるような芸術的な作品とのことですが、自分で弾いてみるとどうしても「エ・チュ・ウ・ド!」って感じになってしまうんですよね~。このへんが、我々と奴ら(って誰!?)との決定的な差なのかなぁ…。とりあえず1番から順番にさらってみましょう!

«[総論]マネをしよう!